ダイソー Bluetooth片耳イヤホンの実力

Bluetooth

100円均一で便利な品揃えで有名なダイソーのBluetooth片耳イヤホンを買ってみました。製品価格300円+税の低価格Bluetooth片耳イヤホンの実力を検証!

広告
保護フィルム 保護シート 強化ガラス 指紋が拭き取りやすい 飛散防止 気泡防止 高硬度
広告

1.製品仕様

Bluetoothバージョン:4.1+EDR
通信距離:10メートル
電池容量:50mAh
サイズ:約5cm×1.8cm×0.8cm
付属品:充電用ケーブル(USB-A – MicroUSB 55cm)
イヤーピース、イヤーフック、説明書

2.操作方法

・電源ON:マルチ機能ボタン長押し
・電源OFF:マルチ機能ボタン長押し
音声操作
・音量UP:+ボタン長押し
・音量Down:-ボタン長押し
曲操作
・曲送り:+ボタン短く押下
・曲戻し:-ボタン短く押下
通話操作
・発信:着信時、マルチ機能ボタン押し
・終話:通話時、マルチ機能ボタン押し
・リダイヤル(最新着信履歴):マルチ機能ボタン2回押し

3.付属品充電ケーブル (MicroUSBケーブル)

適度な長さで価格相応なケーブルです。ケーブルの曲げ耐久性は望めないコネクタSR形状でした。

USBケーブルチェッカーで配線を確認

MicroUSBケーブルは充電専用のVbusとGND構成となっていました。
データ通信としては使えません。価格相応なケーブルですね。

4.電池容量と充電時間

Power-OFFになるまで連続再生後、充電時間は約53分
充電容量は57mAh、仕様通りの電池容量でした。

5.連続再生時間

電源ONしてからペアリング、連続再生時間を計測した結果は以下の通り
通信端末:iPhoneX
通信距離(端末とBluetooth機器):約1M
計測開始時間:13:15
電源断の時間:16:38
連続再生時間:3時間23分
Battry – Low:7回(30秒間隔)

なんと、連続再生3時間超え!
パッケージの連続再生1時間は控えめな時間ですね。

6.音質

Spotifyで音楽連続再生した感想です。
最初はAMラジオを聴いている感覚でした。また、左右の音源を合成しておりモノラルBluetoothと同等の音質と思います。
装着感は、製品重量が軽量なので耳への負荷が感じられず良い感じです。
通話の音質も問題なしと考えます。

7.認証(Bluetooth SIGと技術基準適合証明)

・Bluetooth SIG
Bluetooth SIG(Bluetooth協会)の登録製品なのか調査してみたところ、この製品品番がパッケージに記載されていなことに気付きました。
ペアリング時に端末側が認識するBluetooth機器名が”BT earphone”で製品品番ではありませんでした。技術基準適合証明書に記載されている型式から登録されているかを調査した結果、登録されていませんでした。。。なので、Bluetooth SIG非認証品となります。

パッケージのBluetoothロゴ

・技術基準適合証明
適合番号:204-920062
型式:EA9658
平成31年2月26日に取得
検査機関:Phoenix Testlab Gmbh
総務省への技適申請は問題なくしているようですね。

総評

製品価格(¥300)に割には通販価格\1,000~\2,000程で売られている製品と同等な性能と音質と思います。購入したばかりなので耐久性は不明ですが、数回で壊れてしまっても価格から判断しても十分な感じがします。Bluetoothをお試しで使うのであれば良い製品かもしれません。
音質や機能にこだわるのであれば、更に上位製品へステップアップすれば良いと思います。

広告
広告
広告
Bluetooth
Chankumaをフォローする
広告
ちゃんねる@クマ
タイトルとURLをコピーしました